フィンテック

 

フィンテック(Fintech)、ファイナンス・テクノロジー、金融商品・サービスにおけるテクノロジーの最新ニュース

  • クレカ手数料の一部を植林に充てる英フィンテックTreeCardが5.4億円調達

    クレカ手数料の一部を植林に充てる英フィンテックTreeCardが5.4億円調達

    木で作られたクレジットカードを提供し、生み出される手数料を通じて森林再生に資金を提供することを約束している、英国のフィンテックTreeCardがシードラウンドで510万ドル(約5億4000万円)を調達した。本ラウンドはEQT Venturesがリードし、SeedcampとEpisode 1が参加した。また、TreeCardのサービスはまだ立ち上がっていない、 続きを読む

  • BaaSプラットフォーム運営のHIFが約16億円を調達、AI与信審査システム開発などを進める

    BaaSプラットフォーム運営のHIFが約16億円を調達、AI与信審査システム開発などを進める

    BaaSプラットフォーム「Fimple Platform」を開発・運営するH.I.F.は2月26日、エレメンツキャピタルリサーチなどを引受先とする第三者割当増資で15億9000万円のシリーズBラウンド資金調達を完了したと発表した。今回の資金調達は新たなAI与信審査システムの開発などに充てる。HIFはAI与信審査事業を核としたBaaSプラットフォーム事業の強化を図っていく。 続きを読む

  • 急成長中の仮想通貨取引所Coinbaseが上場申請

    急成長中の仮想通貨取引所Coinbaseが上場申請

    米国時間2月25日午前、仮想通貨取引所のCoinbaseがS-1申請書を提出した。同社は直接上場を想定している。同社の株式公開は、Bitcoinをはじめとするブロックチェーン資産を巡る最近の活動、物議を醸している政治との関わりや民間取引市場における企業価値急騰のためもあって、大きな注目を集めている。 続きを読む

  • 「NP後払い」のネットプロテクションズがJCBと資本提携、約60億円の調達とともに事業連携を強化

    「NP後払い」のネットプロテクションズがJCBと資本提携、約60億円の調達とともに事業連携を強化

    ネットプロテクションズホールディングスは2月25日、ジェーシービー(JCB)を引受先とする約60億円の第三者割当増資について合意したと発表した。今回の資金調達により、JCBの同社に対する出資比率は10.24%となった。また国内外において拡大するBNPL(Buy Now, Pay Later。信用販売)市場における事業連携を開始する。 続きを読む

  • ビットコイン・イーサリアムを「楽天キャッシュ」にチャージ(出金)し、楽天ペイや楽天ポイントカードで利用可能に

    ビットコイン・イーサリアムを「楽天キャッシュ」にチャージ(出金)し、楽天ペイや楽天ポイントカードで利用可能に

    スマホ決済「楽天ペイ」が、ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)からのチャージに対応しました。楽天ペイにチャージできる仮想通貨は、ユーザーが「楽天ウォレット」に現物保有する「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」の3種類です。 続きを読む

  • インドネシアの投資アプリFUNDtasticがシリーズAで8億円を獲得、狙いはZ世代

    インドネシアの投資アプリFUNDtasticがシリーズAで8億円を獲得、狙いはZ世代

    パンデミックの市場への影響にもかかわらず、インドネシアでは個人投資家、それも特に18歳から30歳の間で投資が増加している。シンガポール時間2月22日、投資プラットフォームFUNDtasticは、このニーズに対応するために770万ドル(約8億円)のシリーズAを調達したと発表した。 続きを読む

  • IPOに先立ち国際送金のTransferWiseが「Wise」に社名変更

    IPOに先立ち国際送金のTransferWiseが「Wise」に社名変更

    先週末に私の受信箱に飛び込んできたプレスリリースは「10年が経ち、TransferWiseは、Wiseになりました」と叫んでいた。最近未公開市場で50億ドル(約5282億5000万円)の評価を受けたこのフィンテック大手は、IPOに先立ち、リブランディングを行っている。 続きを読む

  • フィンテック企業は利潤追求とデータ倫理のバランスを取らなければならない

    フィンテック企業は利潤追求とデータ倫理のバランスを取らなければならない

    金融機関は消費者の要求する利便を提供するテクノロジーに関して遅れており、Apple、Amazon、Googleなどの巨大テック企業が大衆の銀行になる道を空けている。2020年11月、Googleは非接触決済サービスGoogle Payのデザイン変更を行い、既存銀行のサービスを統合し、ユーザーが大型テック企業に期待するようなシームレスで便利なユーザー体験を実現した。ただし、そこには裏がある。 続きを読む

  • Varo BankがNBA選手ラッセル・ウェストブルック選手が主導するラウンドで約66.5億円調達

    Varo BankがNBA選手ラッセル・ウェストブルック選手が主導するラウンドで約66.5億円調達

    2020年、米国で初めてネオバンクとして全米銀行免許を付与されたVaro Bankは、米国時間2月18日朝、新たに6300万ドル(約66億5000万円)の資金調達を行ったと発表した。このラウンドは、NBAのスター選手であるラッセル・ウェストブルック氏が主導したもので、彼はまたアドバイザーとしても同社に加わり、有色人種のコミュニティなど十分なサービスを受けていないコミュニティを対象としたプログラムの方向性に直接助言を与えていくという。 続きを読む

  • 公共料金を分割などで払えるようにするPromiseが約21億円調達

    公共料金を分割などで払えるようにするPromiseが約21億円調達

    2020年は何十億人という人にとって経済的に試練の年だった。特に試練となったのが公共料金、税金、他の行政関係費用の支払いという基本的なものだ。そうした支払いのためのシステムは簡単に、あるいはフレキシブルに支払えるようにはできていない。Promiseは公的な決済システムを統合し、全額を一度に支払えない人向けに手数料と債務の条件を寛容なものにすることでそうした状況を変えることを目指している。 続きを読む