フィンテック

 

フィンテック(Fintech)、ファイナンス・テクノロジー、金融商品・サービスにおけるテクノロジーの最新ニュース

  • フィンテックのRevolutがウェブアプリと英国での早期給与支払い機能をローンチ

    フィンテックのRevolutがウェブアプリと英国での早期給与支払い機能をローンチ

    フィンテックスタートアップのRevolutは今週、2つの新機能を発表した。同社はビジネスユーザーだけでなく、通常のユーザーに向けたウェブアプリをローンチする。そして英国でRevolutはModulrと提携し、ユーザーは給与を1日早く受け取れるようになる。 続きを読む

  • Facebookの暗号通貨プロジェクトLibraがDiemに名称変更

    Facebookの暗号通貨プロジェクトLibraがDiemに名称変更

    Facebookが暗号資産Libraを推進するために設立したLibra Association(リブラ協会)は米国時間12月1日、名称をDiem Associationに変更するとともに、運用開始に先立ち複数の幹部を新規採用したことを発表した。 続きを読む

  • Crezitが1.65億円調達、与信サービス構築基盤を提供する「Credit as a Service」を来春展開

    Crezitが1.65億円調達、与信サービス構築基盤を提供する「Credit as a Service」を来春展開

    Crezitは12月1日、プレシリーズAラウンドにおいて、第三者割当増資による総額1.65億円の資金調達を発表した。引受先は、既存投資家のジェネシア・ベンチャーズ、また千葉道場ファンド、East Ventures、Plug and Play Ventures。 続きを読む

  • eコマースの支払いシステムの統合を支援するフィンテック企業Primerが19.4億円調達

    eコマースの支払いシステムの統合を支援するフィンテック企業Primerが19.4億円調達

    英国のフィンテック、Primerは、小売業者が支払いレイヤーを統合し、新たな支払い方法を容易に追加できるようにするサービスだ。このほどシリーズAラウンドで1400万ポンド(約19億4000万円)を調達した。 続きを読む

  • Coinbaseが米商品先物取引委員会の指導に従い信用取引を中止

    Coinbaseが米商品先物取引委員会の指導に従い信用取引を中止

    Coinbase Proで信用取引を開始してからわずか数カ月後、同社はこの機能を無効にする。信用取引ではレバレッジをかけて取引を行うことができるが、これは双方向で機能し、逆に利益と損失を倍増させる。 続きを読む

  • 会員数200万人超え、チャレンジャーバンクCurrentが約137億円調達

    会員数200万人超え、チャレンジャーバンクCurrentが約137億円調達

    6カ月足らずで会員ベースを倍増させた米国のチャレンジャーバンクCurrentは米国時間11月24日、Tiger Global ManagementがリードするシリーズCラウンドで1億3100万ドル(約137億円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • チャレンジャー銀行N26が月額約610円の中位サブスクプランを発売

    チャレンジャー銀行N26が月額約610円の中位サブスクプランを発売

    チャレンジャー銀行のN26は「N26 Smart」と呼ばれる第3のサブスクリプションサービスを追加する。N26 Smartは高度な銀行機能を備えたミッドティアのサブスクリプションプランであるが、旅行保険パッケージは含まれていない。 続きを読む

  • 質屋のDXを目指すセール アンド リースバック「CASHARi」のガレージバンクが資金調達

    質屋のDXを目指すセール アンド リースバック「CASHARi」のガレージバンクが資金調達

    モノの価値を活用したファイナンスを実現する、個人向けセール アンド リースバックサービス「CASHARi」(カシャリ)を開発・運営するガレージバンクは11月19日、第三者割当増資による資金調達を実施したと発表した。引受先は、リード投資家のW venturesのほか、East Ventures、起業家・エンジェル投資家の有安伸宏氏。 続きを読む

  • Google Payがリニューアル、オプトインで支出履歴の把握など家計簿サービス的に進化

    Google Payがリニューアル、オプトインで支出履歴の把握など家計簿サービス的に進化

    GoogleはGoogle Payアプリのメジャーアップデートを行い、家計簿的サービスにオプトインできるようにした。またワリカンなどのピアツーピアの支払分割も簡単にできるようになった。 続きを読む

  • 英国のMarshmallowが評価額3億1000万ドルで3000万ドルを調達、より「包括的な」自動車保険を目指す

    英国のMarshmallowが評価額3億1000万ドルで3000万ドルを調達、より「包括的な」自動車保険を目指す

    特定の顧客に提供するサービスの種類や価格設定を導くのにアルゴリズムを始めとする計算手法を用いることに関して、保険業界は最も古い活用歴を持つ業界の1つである。しかし、その伝統的なポジションの水面下には、そうした手法による測定の中に改善の余地があるという事実が存在する。プロファイルに適合しない顧客に競争力のある価格を提供できていないからだ。 続きを読む